オンラインインタビューは実施場所を選びません

インタビュー会場の設営について

オンラインインタビューは実施場所を選びません。
クライアントオフィスの会議室、調査会社の会議室
グループインタビュー専用会場等
皆様にとって最も都合の良い場所での実施が可能です。

オンラインインタビューは実施場所を選びません。クライアントオフィスの会議室、リサーチ会社の介護室、グループインタビュー専用会場(リアルのインタビューの前後)等、モニタリングされる方にとってもっともご都合の良い場所で実施ください。

 

なお、会場セッティングには、インタビュアーと視聴者が同じ部屋にいることでお勧めしていますが、インタビュアーとモニタリングされる方の部屋を別にセッティングすることも可能です。

 

通常セッティング
(インタビュアーとモニタリングする方が同室)

オンラインインタビューでは、インタビュアーとモニタリングする方が同じ部屋にいることをお薦めしています。これまの会場グループインタビューやデプスインタビューにおいて専用ルームのバックルームからインタビューを見ていて、「そこもう少し突っ込んで」、「この質問追加で聞いて」と思うことは多々あるかと思います(特にモデレーターが上手でないときは、これは大きなストレスですね)。専用ルームのインタビューでは、追加質問は、紙を入れる等で対処していますが、インタビュー中に頻繁に紙をいれることも出来ず、結局、聞きたいことがきけないままに終わってしまうことが少なくありません。モニタリングする方がインタビュアーと同じ部屋にいるオンラインインタビューではこのようなストレスを感じることは全くありません。なぜなら、インタビュアーと観察者は同じ部屋にいるので、インタビューの進行を遮ることなく追加質問をインタビュアーにリクエストすることが出来るからです。私どもが、お勧めしているのは、ホワイトボードの活用です。インタビュアーが見える位置にホワイトボードを設置しておき、何か追加の質問や指示があれば、そのホワイトボードに記入します。インタビュアーはホワイトボードを見て追加の質問を行うので、進行を全く妨げることなく、インタビューを遂行することが出来ます。

オンラインインタビュー
ルームセッティングイメージ

オプションセッティング
(インタビューアーとモニタリングする方が別室)

オプションで、従来の会場におけるグループインタビュー/デプスインタビューのようにインタビュアーとモニタリングする方の部屋を別にしてセッティングすることも可能です。